心筋梗塞で倒れないための3つの気をつけること

急に寒くなってきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか

お客様の身近な方が心筋梗塞などで倒れられたり亡くなられたりという話をお聞きします。
いつなんどき何があるかわかりません。どうぞ皆さんは体をお大事にお過ごしくださいね
さて、普段から足揉みをしていると体中の血流を良くしますから心筋梗塞や大きな病気を予防できるのできるので、ぜひお試しください。
その他に気をつけることは

1,水分を十分にとること

2,適度な運動をすること

3,温度差をなくすこと
よく言われることをですけれど、その中で一番見落とされがちな1の水分を取ることについて今日は書きますね。
1,水分を十分にとること
血液は水分がなくては動きません。しかし冬の寒い時期にはなかなか汗をかいたり喉が渇いたりしませんから水分不足の方が多いです。
汗をかかない時期で1300mlの水分を取るようにお勧めしています朝起きてから夜寝るまでに1300mlです。
飲み方は一度にガブガブ飲むのではなく、コップ半分からコップ一杯をこまめにとります。
コーヒーやお茶でもいいですかとよく聞かれます。
コーヒー·紅茶·緑茶はカフェインが入っています。
カフェインは血管を縮めて利尿作用を起こすというタイプのものですから、体の中の血は減っていくのであまり良いとは言えません。

しかし飲んではダメとも言いません。私もコーヒーが大好きです。
コーヒーなどを飲んだら、お冷やお水をひと口か2口追加で飲んでください。そうすると体の中の水分量も多少補えますから。
以上、難しいことではありませんが、見落とされがちな部分でもあります。

血液サラサラの食品やサプリメントを摂る前に、自分がどれだけ水分を摂取しているか確認してみてください。足りなければ補ってくださいね。
あとは、

2の適度な運動で血流をお越し、

3の温度差をなるべくなくすことで、血管の急な縮みを減らします。
忙しい師走の時期ですので特別な体調管理の時間は取れないにしても、
水分量だけは確認してチェックしておいてくださいね。

トイレが近くなるから嫌だなんて言ってる場合ではありませんよ。
こまめに水分を摂ることは、慣れれば難しいことではないので、自分の命の為にやり続けてくださいね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中