作成者別アーカイブ: 肩こり・ストレスによる不調や病気が改善に向かう「足もみ」を知りたい人のためのブログ

肩こり・ストレスによる不調や病気が改善に向かう「足もみ」を知りたい人のためのブログ について

名古屋市藤が丘駅で「足心道治療院 環-めぐり-」を2013年から開業。 中国足心道療術準師範·足心整体師·健康管理士。 中国足心道療術(本格足もみ)とは、足の62の反射区を用いて、あなたご自身が本来持っている“自分で自分を治すシステム”を十分に整え、不調の改善やストレスの軽減、各臓器の機能をできる限り長持ちさせ、イキイキとした歳の重ねを助ける施術です。本格足もみと足心整体で、毎月約100名の足で健康チェック。また、肩こりをはじめ婦人科系や自律神経系など様々な不調の元を探り、整え、自然治癒の力を取り戻すよう促しています。オールハンドでオーダーメイドの丁寧な施術を心がけ、健康アドバイスも行います。 女性専門完全予約制「足心道治療院 環-めぐり-」http://www.ashimomi.biz ◉特にこのブログでは、一般向け初級足もみや上級実践講座、ボランティアなどの情報などをお伝えしたいと思います。 皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

方言で「青アザ」は何と言う?

方言について面白い話をお客様としました。
お客様と盛り上がったのは、打ち身でできた青あざの言い方です。
私は普段
「青アザ」「青ジ」「青タン」などと言いますが、
そのお客様は静岡浜松。そこでは「チガシンドル」(血が死んどる)と言います!!(゜ロ゜ノ)ノ
そういえば、愛知県の春日井のお客様は「クロニエル」(黒煮える-多分こう書くのかな~)と言うそうです。
その後も、色々な方言で盛り上がりました(^o^)
あ、もちろん、本格足もみをしながらね(^.^)

広告

心筋梗塞で倒れないための3つの気をつけること

急に寒くなってきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか

お客様の身近な方が心筋梗塞などで倒れられたり亡くなられたりという話をお聞きします。
いつなんどき何があるかわかりません。どうぞ皆さんは体をお大事にお過ごしくださいね
さて、普段から足揉みをしていると体中の血流を良くしますから心筋梗塞や大きな病気を予防できるのできるので、ぜひお試しください。
その他に気をつけることは

1,水分を十分にとること

2,適度な運動をすること

3,温度差をなくすこと
よく言われることをですけれど、その中で一番見落とされがちな1の水分を取ることについて今日は書きますね。
1,水分を十分にとること
血液は水分がなくては動きません。しかし冬の寒い時期にはなかなか汗をかいたり喉が渇いたりしませんから水分不足の方が多いです。
汗をかかない時期で1300mlの水分を取るようにお勧めしています朝起きてから夜寝るまでに1300mlです。
飲み方は一度にガブガブ飲むのではなく、コップ半分からコップ一杯をこまめにとります。
コーヒーやお茶でもいいですかとよく聞かれます。
コーヒー·紅茶·緑茶はカフェインが入っています。
カフェインは血管を縮めて利尿作用を起こすというタイプのものですから、体の中の血は減っていくのであまり良いとは言えません。

しかし飲んではダメとも言いません。私もコーヒーが大好きです。
コーヒーなどを飲んだら、お冷やお水をひと口か2口追加で飲んでください。そうすると体の中の水分量も多少補えますから。
以上、難しいことではありませんが、見落とされがちな部分でもあります。

血液サラサラの食品やサプリメントを摂る前に、自分がどれだけ水分を摂取しているか確認してみてください。足りなければ補ってくださいね。
あとは、

2の適度な運動で血流をお越し、

3の温度差をなるべくなくすことで、血管の急な縮みを減らします。
忙しい師走の時期ですので特別な体調管理の時間は取れないにしても、
水分量だけは確認してチェックしておいてくださいね。

トイレが近くなるから嫌だなんて言ってる場合ではありませんよ。
こまめに水分を摂ることは、慣れれば難しいことではないので、自分の命の為にやり続けてくださいね。

夕陽を観ると物悲しく感じますか?

「楽しかった一日が終わってしまう」と寂しく感じますね。

「今日も頑張ったね」の安らぎのグラデーションでもありますよ。

交感神経が鎮まり、副交感神経が高まる色あいが夕陽の色。

サバンナの夕焼けの写真を観ながら、ある方に教えてもらいました。

人間の体は、昔からあの色に反応し、副交感神経が優位になると、お腹がすいてきて、美味しい夕食。そしてゆっくり体と心をを休めるように造られてる~~

そして、明日また頑張る力になると。

明日も頑張ろうp(^-^)q

足もみでこんな感じに

 

たくさんのカルテを見直すと

  • 肩こりがなくなった
  • 首が回るようになった
  • 腰の痛みがなくなった
  • 子宮筋腫が小さくなった
  • パニック障害がなくなった
  • うつ病の薬漬けから解放された
  • 妊娠できた
  • 生理がきた
  • 頭痛がなくなった
  • めまいがなくなった
  • 体が軽くなった
  • 便通が良くなった
  • イライラしなくなった
  • 更年期障害が楽になった
  • 糖尿病の数値が下がった
  • 基礎体温が上がった
  • 呼吸が楽になった
  • 眠れるようになった
  • しもやけしなくなった
  • 下痢症が普通便になった
  • 気持ちの浮き沈みがなく、生きていくのが楽になった
  • 靴のサイズが小さくなった
  • 基礎代謝が年齢より40歳も若くなった
  • 疲れにくくなった
  • 膝の痛みがとれた
  • 肩が上がるようになった
  • 鼻づまりはすぐに通る
  • 花粉症も薬なしで過ごせた
  • 風邪をひきにくくなった
  • 耳鳴りがしなくなった
  • むくみがとれた
  • 正座できるようになった
  • 胃の痛みがとれた
  • 体温が上がった
  • 肌つやがよくなったと人に言われた
  • 逆子が治った
  • 乱視が良くなった
  • 94歳認知症の女性も足を触り始めたら、みるみる視線がハッキリし、普通の会話をして笑い、気遣いの言葉まで!
  • リウマチでヨロヨロしていたのに、3,4回目には駅から走って来れた!
  • ぎっくり尻でお辞儀ができなかったのに、足もみ終わるとスーッと楽に曲がった!
  • 足もみ中、頭にスーッと血が流れる感覚がある
  • 視界が開け、目が大きく開く
  • 顔の歪みが減ってきた
  • 足も体も軽くなった

などなど、日々お客様の言葉に驚いています。

個人の症状の重さや回数などそれぞれですが、こんなお声をほぼ毎日聞いて嬉しい限りです。(決して強要しているわけではありませんよ)

なかには、

そこまでハッキリわからないけど、続けていたら、甲状腺のしこりが小さくなり、お医者さんにもうこれは大丈夫だよと言われて、えーっ!甲状腺については何の治療もしてないので、足もみのおかげかなー

と、数年足もみに定期的に来られている方が言ってくれました。

まだまだありますが、まだ中国足心道という本格足もみを知らない方に、ぜひ実感していただきたいものです。

 

第一回準師範会に行ってきました

今日は姫路に日帰りで行き、「準師範会」で充実の学びがありました。

                         ♡♡♡♡♡
中国足心道療術は、東洋と西洋の垣根を取り払い、「人」に向き合う療術だと私は日頃感じています。
健康管理士の学び(病気や臓器の関連や栄養や精神的影響など健康管理についての)幅広い知識は、私の中で、中国足心道療術の施術の裏付けとなっていました。
そして、準師範会の今日の学びは、日頃の施術に対する姿勢が間違っていなかったことを確認できたことはとても良かったです。プラスアルファも沢山ありました。
「肩こりは万病のもと」といつも私が言っていることをリピートしているような内容でもあり、その点についても、人々に知ってもらいたいと思っております。
新しいブログを始めましたので、色々と整理しながら、分かりやすく書いていこうと思ってもいます(*^-^*)
今日は師範との手合わせは時間の都合で次回にお預けになりましたが、新しいテキストでじっくり学ぶことにします。
明日からの施術は、またひとつ違っていることでしょう。今日の学びを私の中で十分に消化して、確実にクライアントの悩みを少しでも解消していけるように頑張ります。
顧問や師範、そして準師範の皆さんとまたお会いできる日を楽しみにして頑張ります。今日は有難うございました。

ブログ始めます ご挨拶

本格足もみで体と心をコンサルティングする 三上ひろみです。

初めまして。宜しくお願い致します。

初めましてではない方は、今後、このブログでもお世話になりますので宜しくお願い致します。

 

名古屋市藤が丘駅で足心道治療院 環-めぐり-という本格足もみ屋を営んで、まる4年になります。日頃感じることをブログで発信していこうと思います。

私自身、ブログは初めての試みです。いろいろと不慣れな点も沢山出てくると思いますが、「体を大切に扱う方法を知ってもらうことが第一」なので、とにかく発信していこうと思っています。何卒宜しくお願い致します。

日頃思うこと

それは、、、

療術師が足りない!こんなに助けたい人が沢山いるのに。。。

です。

 

このブログでは

中国足心道療術師として施術するにあたり、文部科学省後援 健康管理能力検定1級の知識は、体の造りや関係性を理解するのに役立ち、私の背中を押してくれているようです。

なぜなら、中国足心道療術は東洋と西洋の垣根を取り外して、人そのものと向き合うという施術だと感じるからです。

 

このブログでは、中国足心道療術(本格足もみ)のこと、体の造りの素晴らしさとその管理について、そして、家庭でできる足もみ講座の情報やそれを発展させてボランティアのような活動にできないかという模索もしており、そういうことについても書いていこうと思います。

簡単に言うと

健康管理・予防医学についてのブログになります。

皆様に解りやすく、かつ 実践できる情報にしていきたいと願っております。

 

それでは、これから始めます。宜しくお願い致します。長い目で温かく見守ってくださると嬉しいです。