カテゴリー別アーカイブ: 一般向け足もみ上級実践講座

闘病の最期まで患者に喜ばれる足もみ

がんに限らず、認知症でも他の病気でも、患者ご自身が「足もみをしてほしい」と、病室まで呼んでいただくこともよくありました。

付き添いのご家族も、

「足もみが始まると、顔や体の色が変わっていき、穏やかな表情になったり、良くおしゃべりをしたりして、とても良いひとときになる」

と言ってくださいます。

食べる力も体力もなくなっていく頃には、元気付けることは何一つないような状態になりがちですが、

足もみなら、治療の邪魔もしませんし、腸も動いておならがプーッと出ちゃったり、便意までもよおすこともあって、体の中から目覚めさせていることを感じます。

看護するご家族ともに笑いが出る雰囲気になり、ほっこりします。

ですから、

看護するご家族にもぜひ教えたいし、やってほしいのですが、

大体、末期になってからのご連絡なので、ご家族も看護疲れの状態です。

無理は言えませんが、とにかく足を擦ってあげてくださいと励まします。

時には、看護疲れのご家族の足もみもしてくることもありますよ。

かなり体もガチガチで、精神的にもきついことが足でわかります。

足もみをしてあげると、体に血がめぐり始め、精神的にスッーと楽になるのを感じていただけます。

そして、また笑顔で看護ができます。

。。。もし、可能なら····こう思います。

お二人とも、簡単な足もみを知っていたら、

患者のご主人の足を奥様が揉んであげて、辛い治療や病状や精神面の不安などを緩和してあげられます。

そして、

たまに患者のご主人の調子が良い時には、奥様の足を擦ってあげて、日ごろの看護の感謝やたくさんの愛情をお伝えすることができる。。。

素晴らしいご夫婦の絆が強まる足もみを、病気になる前から知っていたら、もっと早く足もみしあえます。

もっと早く足もみを知っていたら、病気や認知症になるのも遅いはずですが。

。。。と、いうことで、

そろそろ私は皆さんに簡単な足もみだけでも、教えることにも力を入れないといけないのかなーと思うこの頃です。

広告

がんの方へ

がん末期になり、足もみに来られるパターンが多いのですが、もっと早く揉んであげられていたら、と常々思います。

+++++

60代女性は、肺がん治療中に、玄米などの食事療法、びわの葉こんにゃく温療法、気功など毎日忙しくしていました。

そして、あるがん患者の奥さんが毎日足もみしていたらがんが治った、という本を読んだことで、

足もみに初めて来られました。

3階までふらふらの弱々しい足取りで入って来られましたが、
足もみ後は、顔色も良く、目もぱっちり、しっかりとした足取りで帰られました。

2回目に来られた時は、

「色々と東洋医学系の療法をやっていますが、あんなにすぐに体の調子に出てくるとはビックリしました。

こんにゃく当てても効いているのかなー?な感じだしね。

それで、帰り道は、気分が良くなったので栄でショッピングをして帰ったんですよ(*^^*)」

と足もみが体に良い作用をしていることを実感しておられました。

抗がん剤の治療が進み、体力が弱くなり、白血球·好中球の数値が思うように上がらない時があり、

足もみをした翌日に再度トライしたら、バッチリ数値が上がっており、抗がん剤を入れられた、ということもありました。

やはり、がん患者には「毎日足もみをすること」が良いので、ご主人に足もみの仕方を教えたいと上級実践講座をすすめましたが、

ご主人には家事や身の回りのこと全てをやってはもらっているので、これ以上迷惑はかけられない

と、ご主人に遠慮して、家で毎日足もみをしてもらうことはしませんでした。

+++++

全く残念です。。。

だって、毎日奥様が足もみをして生還したがん患者の本を読んで私も!と来られたのに。

ご主人も病気を持ちながらの看病でしたから、これ以上負担をかけたくない気持ちもわかりますが。
 
でも、ご家族は、自分に出来ることをを出来る限りしてあげたいし、死んでほしくはない。早く良くなってほしいと思います。

がんで死にたくなければ、ご家族が足もみをするべきです。

足もみをすると。。。
↓↓↓↓↓

薬の副作用なし
薬の効きも良くなる
血流を良くする
体温があがる 
深く息が吸える
免疫力があがる
がん細胞を免疫力でやっつける
不安や気分の浮き沈みもなくなる
栄養吸収できる
血液の質が良くなる
体力がつく
自律神経が整う
笑顔でいられる
家族も笑顔になれる

いかがですか?
ご家族に負担をかけるのではなく、家族が明るくなるのです。

ご家族ががん患者の足をもむ方法をキチンと教えます。それが、上級実践講座です。

毎日ご家族が足をもみ、時々療術師が本格足もみをして健康チェックをするーーこれがオススメです。

がん患者ご自身が、一度は本格足もみをして、体にどのような変化が出るかを実感していただくことも大切です。

実際、医療の数値で測ることのできないところも良い実感が得られます。

ぜひとも体験してください。

愛するご家族の命のために、お問い合わせをお待ちしております。