カテゴリー別アーカイブ: 未分類

方言で「青アザ」は何と言う?

方言について面白い話をお客様としました。
お客様と盛り上がったのは、打ち身でできた青あざの言い方です。
私は普段
「青アザ」「青ジ」「青タン」などと言いますが、
そのお客様は静岡浜松。そこでは「チガシンドル」(血が死んどる)と言います!!(゜ロ゜ノ)ノ
そういえば、愛知県の春日井のお客様は「クロニエル」(黒煮える-多分こう書くのかな~)と言うそうです。
その後も、色々な方言で盛り上がりました(^o^)
あ、もちろん、本格足もみをしながらね(^.^)

広告

夕陽を観ると物悲しく感じますか?

「楽しかった一日が終わってしまう」と寂しく感じますね。

「今日も頑張ったね」の安らぎのグラデーションでもありますよ。

交感神経が鎮まり、副交感神経が高まる色あいが夕陽の色。

サバンナの夕焼けの写真を観ながら、ある方に教えてもらいました。

人間の体は、昔からあの色に反応し、副交感神経が優位になると、お腹がすいてきて、美味しい夕食。そしてゆっくり体と心をを休めるように造られてる~~

そして、明日また頑張る力になると。

明日も頑張ろうp(^-^)q

ブログ始めます ご挨拶

本格足もみで体と心をコンサルティングする 三上ひろみです。

初めまして。宜しくお願い致します。

初めましてではない方は、今後、このブログでもお世話になりますので宜しくお願い致します。

 

名古屋市藤が丘駅で足心道治療院 環-めぐり-という本格足もみ屋を営んで、まる4年になります。日頃感じることをブログで発信していこうと思います。

私自身、ブログは初めての試みです。いろいろと不慣れな点も沢山出てくると思いますが、「体を大切に扱う方法を知ってもらうことが第一」なので、とにかく発信していこうと思っています。何卒宜しくお願い致します。

日頃思うこと

それは、、、

療術師が足りない!こんなに助けたい人が沢山いるのに。。。

です。

 

このブログでは

中国足心道療術師として施術するにあたり、文部科学省後援 健康管理能力検定1級の知識は、体の造りや関係性を理解するのに役立ち、私の背中を押してくれているようです。

なぜなら、中国足心道療術は東洋と西洋の垣根を取り外して、人そのものと向き合うという施術だと感じるからです。

 

このブログでは、中国足心道療術(本格足もみ)のこと、体の造りの素晴らしさとその管理について、そして、家庭でできる足もみ講座の情報やそれを発展させてボランティアのような活動にできないかという模索もしており、そういうことについても書いていこうと思います。

簡単に言うと

健康管理・予防医学についてのブログになります。

皆様に解りやすく、かつ 実践できる情報にしていきたいと願っております。

 

それでは、これから始めます。宜しくお願い致します。長い目で温かく見守ってくださると嬉しいです。