タグ別アーカイブ:

足もみすると?体の反応の実験

足もみをすると、体の中で何が起こるのか?
イメージできますか?

足もみをすると、肩こりや腰痛が楽になるだけでなく、血糖値が下がったり、オシッコが良く出るようになったり、目もや鼻かスッキリしたり、腸がぐるぐる音を立てて動き出したり、呼吸が楽になったり、頭痛が消え、顔色がぱーっと明るくなったり、すぐに体が暖まったり、眠くなる。。。

色んな変化が早い段階で出てきます。

ほとんどの方は、一度足もみをすると、自分の中のなんとも説明しがたい変化を感じます。

足をもむと何が体の中で起きるのか?

実は、胃カメラで実験されたことを故直江学院長からお聴きしています。

簡単にいつも説明しているのですが、

胃カメラの時は、胃を膨らませて痺れさせてから、カメラを入れますね。

そこで、胃の反射区をしっかりと押圧します。

すると、モニターに映る胃壁は、大きくはっきりと動くのです。

胃の反射区を押してから、胃壁が動くまでの時間を測ると、60分の一秒でした。。。反射区を押したらすぐに動くのです。まるでスイッチのようです。

次に、十二指腸の反射区を押圧します。

すると、モニターは胃壁しか映していないので、その胃壁は全く動きません。なぜなら、モニターに映っていない十二指腸が動いているからです。

お分かりですか?

足もみをすると、すぐに体の変化を感じられる方の理由を。

足の反射区を押圧すると、

スイッチを押したかのように、その部位を動かせるのです。

いわば、体の中を直接揉みほぐすことができています。

肩や腰は外側から揉めますが、胃や腎臓、腎臓、肝臓、脾臓、すい臓、腎臓、大腸、小腸、大脳、小脳、脳下垂体、肺、目や内耳など、手が届きませんから、外からは揉めません。

そこを自由に揉めるのです。

なんて素晴らしい体の造り!神様が愛情を持って大事によく考えて造ってくださったとしか、言いようがありませんね。

いつもそう感謝しながら、お客様を揉んでいます。

広告